高級ブランデーの代名詞、「ヘネシーXO」を売って頂きました!

どうも、柴やんです!

greenstyle広島古市店ではお酒の買取りもやっておりまして、先日「コニャック」のトップブランドたる、「Hennessy(ヘネシー)」を売って頂いたので紹介させていただきます(^◇^)

 

まずは「コニャック」というお酒について。

コニャック (Cognac) は、フランスのコニャック周辺で産出されるブランデーで、原料葡萄には主にユニブランという品種のブドウが用いられます。

伝統的な銅製のポットスチルを用いた単式蒸留を2回行って得られたアルコール度数70%程度の精留分を、フランス国内産のオークの樽で2年以上熟成し、水で度数40%に希釈して製品としたものです。

色付けに少量のカラメルを添加することもあり、品質が良いことで知られています。

同国のアルマニャックとともに高級ブランデーとされています。

樽による熟成の度合いによって、

  1. V.O.
  2. V.S.O.
  3. V.S.O.P.

という等級に分類されます。

但し等級は公的なものではないので、製造者によって違いがあります。

また、V.S.O.P.を超える等級に関しては、呼称自体統一されておらず、V.V.S.O.P.、X.O.、EXTRA、NAPOLEONなど、各メーカーが様々な呼称を付けています。

昔は「高級ブランデー」イコール「ナポレオン」という認識が一般的でしたが、公的な格付けではないので「ナポレオン」もピンキリでして、大手メーカーのV.O.クラスよりも安価な「ナポレオン」も珍しくありません。

 

では、「ヘネシー」とは?

ヘネシーは創業250年を数えるコニャックを代表するブランドの事です。

高級酒の代名詞としと言ってもいいほどで、お酒を飲まない方でも聞いた事がある人は多いのではないでしょうか?

ヘネシーのブランデーの特徴は、何と言っても高品質な点でしょう。

ヘネシーは原料となるブドウにこだわり、ユニブランというフルーティーな品種を第一等級の畑である「グランド・シャンパーニュ」、「プティット・シャンパーニュ」、「ボルドリ」、「ファン・ボア」それぞれで栽培しています。

また、熟成させる樽に関しても、樹齢100年以上のフランスのオーク樽を30万樽以上有しており、妥協のないコニャック作りで、最高の品質を世に送り出しています。

オー・ド・ヴィーと呼ばれる原酒も古いものは200年以上前から保存されていて、これらをブレンドすることでヘネシーの高品質なコニャックが生まれているのです。

 

ヘネシーXOの簡単な見分け方!

お家にお酒があるけど、売れるのかな?と思った方へ、簡単な見分け方をお教えしましょう(^◇^)

ヘネシーのXOという種類のお酒だけでも大まかに分けると4種類に分けられます。

其の1「キャップを見よう!」

ヘネシーXOのボトルキャップですが、黒色と金色があります。

黒色が現行ボトルで、ネットや酒屋さんで購入できる商品になります。

金色のキャップは昔造られた、お高い商品と言う事ですw

 お高いやーつw

其の2「ボトルの色を見よう!」

金色のキャップの中で、さらに3種類に分けられます。

次に見るのは、ボトルの底のクリスタル部分です。

この部分が無色透明のクリスタルボトルと緑色がかったグリーンボトルの2種類あるのですが、年代的に見るとグリーンボトルの方が古く希少価値が高いんです。

そう、レア物ですw

なので、透明なクリスタルボトルよりも緑色のグリーンボトルの方が少し高価になります。

 緑かかっているのがわかります?

其の3「ラベルを見よう!」

最後に見るのはボトル中央部のラベルになります。

ここのラベル大体の物は「Hennessy」となってるんですが「JA’s Hennessy」と記載されているラベルのXOがあります。

こちらのラベルは旧ラベルと云われ、XOボトルの中では最も古いとされるものです。

古ければ古いほどレア物と言う事になるので、旧ボトルが一番高値で取引されています。

 現行のラベルです。

 

さてさて、お家の方に思い当たる物があったりしましたでしょうか?

もし、ご自宅にヘネシーのXOをお持ちのお客様がおられましたら、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

思いがけぬレア物でしたら、是非当店にお売りくださいねwww

 

green style古市店の詳しい店舗情報はコチラから

買取りについてわからない事やお問合せなどありましたらお気軽にこちらのお電話まで→☎082-870-1433